遺言書で相続トラブルリスクを下げる

相続というのはお金が絡む上に、気のおけない間柄であるのも手伝ってトラブルになりがちです。
それを避けるために遺言書を作成しておこうと考える人は多いようです。
相続というのは普段は仲良くしている間柄であっても自分たちの利益に関する事なのでシビアになります。
遺産相続をめぐる争いは年々増加しているので、周りでそうした争いが起きているのを見て遺言書作成を考え始める人も少なくないでしょう。
特に、子供がいない夫婦、内縁の妻がいて入籍してない、介護してくれる息子の嫁にも財産を分けたい、など法定相続人に法定相続分を相続させるとなるとちょっと困るという方は遺言書を作成しておくべきといえます。
他にも、子供が障害を持っている、隠し子がいる、子供から虐待されていて相続させたくない、といった場合も遺言書を作成しておくと万が一にも安心していられます。
最後に遺言書に付言事項としてなぜこのような遺言書の内容にしたのか被相続人の気持ちを伝える言葉を添えると相続人も遺言書を受け入れやすくなるでしょう。

Filed under: 遺言書と相続