公正証書遺言による相続

公正証書遺言とは、法律のプロである公証人が遺言の法的な有効性のチェックをしてから公正証書として公証役場で保管するものです。
自筆証書遺言とは違って自分で遺言書を書く必要がなく、公証人に内容を伝えてそれをもとに公証人が遺言書を作成します。
遺言書は書式や要件も厳格なので、法律の専門家である公証人がチェックするのは大切です。
書き間違えを訂正する方法が違うだけでも遺言書が無効になるからです。
公正証書遺言を作成しておけば遺言書の有効性については安心して良いといえます。
また遺言書の原本の保管も公証役場でしますので紛失や偽造の心配もいりません。
公正証書遺言を確認する際にも公証役場が写しを発行するのです。
また、公正証書遺言は公証人のチェックを済ませているため既に法的有効性が認められています。
家庭裁判所で検認を受ける必要もないので相続開始後にすぐ相続手続きをすることができます。
公正証書遺言を作成したのは知っているのにどこにあるか分からないという場合には最寄りの公証役場で検索してもらうことができます。

Filed under: 遺言書と相続